「フレンドリーとしま」は、あなたの暮らしをサポートします

 フレンドリーとしまは、豊島区内中小企業で働く方の潤いとゆとりある生活実現のお手伝いを目的とした、安全で有利な共済制度です。豊島区及び国からの補助金と、会員の会費で運営されています。

スケールメリットを生かして、大企業並みの充実した福利厚生を実現していきます

 フレンドリーとしまに加入すると、自社単独で実施するより、安い経費で従業員の福利厚生の充実を図ることが出来ます。また、従業員のみなさんにとっても、共済給付のみならず、レジャー施設・宿泊施設・ショップ・カルチャーセンター・フィットネスクラブ等の割引利用、各種相談など、受けられる福利厚生メニューの幅が大きく広がります。

様々な中小企業の皆さんが集って フレンドリーとしまは成り立っています

 中小企業では、大企業に比べ、福利厚生の面において資金力や従業員数が少なく、スケールメリットが働かず、十分な事業ができないことが悩みであると言われています。本格的な高齢化社会の到来や個々人の福祉ニーズの高度化といったことが言われている現在、福利厚生の規模間格差を縮小し、勤労者が生涯にわたり豊かで充実した生活が送れるような体制づくりが強く要請されているところです。

 フレンドリーとしまは、厚生労働省の「中小企業勤労者総合福祉推進事業」に基づき、中小企業が単独では実施が難しい福利厚生について、地域の自治体が中心になって中小企業の事業主とその従業員が協力して設立する総合的な勤労者福祉事業を行う団体です。

各種資料

■ 平成23年度 サービスセンター事業報告について(PDF形式)

■ 平成23年度 サービスセンター収支計算について(PDF形式)

■ 平成23年度 サービスセンター事業計画について(PDF形式)

■ 平成23年度 サービスセンター収支予算について(PDF形式)

■ 平成22年度 サービスセンター事業報告について(PDF形式)

■ 平成22年度 サービスセンター収支計算について(PDF形式)

■ 平成22年度 サービスセンター事業計画について(PDF形式)

■ 平成22年度 サービスセンター収支予算について(PDF形式)

■ 平成21年度 サービスセンター事業報告について(PDF形式)

■ 平成21年度 サービスセンター収支計算について(PDF形式)

■ 平成21年度 サービスセンター事業計画について(PDF形式)

■ 平成21年度 サービスセンター収支予算について(PDF形式)

■ 平成20年度 サービスセンター事業報告について(PDF形式)

■ 平成20年度 サービスセンター収支計算について(PDF形式)

■ 平成20年度 サービスセンター事業計画について(PDF形式)

■ 平成20年度 サービスセンター収支予算について(PDF形式)

■ サービスセンター役員名簿(PDF形式)

■ サービスセンター評議員名簿(PDF形式)

■ 定款について(PDF形式)

 [メインページへ] [フレンドリーとしまとは?] [事業内容のご紹介] [加入方法] [会員専用ページ]
Copyright (c) Toshima-ku Worker Welfare Service Center 2006 All rights reserved.